詰まらせてしまってからでは遅い!トイレ詰まりを防ぐためのポイント

トイレ詰まりを起こしてしまうとこんなに大変!

トイレ詰まりを起こしてしまうと水が流れないばかりでなく、便器から汚水があふれてしまうこともあります。集合住宅の場合は階下への水漏れといったことも心配ですし、何よりトイレが使えなくなってしまうのは困りますよね。そこで重要になるのがトイレ詰まりを起こさないようなトイレの使い方をするという点です。日々トイレを使う時にちょっと気を付けるだけで、トイレ詰まりを起こしてしまう確率を大幅に減らすことが出来るんですよ。

トイレ詰まりはちょっと注意するだけで防げる!

トイレ詰まりの原因で多いのがトイレットペーパーを詰まらせてしまうというものです。また、ティッシュペーパーなど水に流れない紙を流してしまいトイレ詰まりを起こしてしまうこともあります。こうした紙によるトイレ詰まりは1度に大量にトイレットペーパーを流さないようにする、トイレットペーパー以外の紙を使用しないといった簡単なことで防ぐことが出来ますよね。ティッシュペーパーなどを使わなくても良いように、トイレットペーパーを切らすことなくストックしておくのも重要です。

注意していてもトイレ詰まりを起こしてしまったら?

また、ポケットに入れた財布や携帯などを誤って流してしまったり、子供のおもちゃなどを流してしまうことによってトイレ詰まりを起こしてしまうケースもあります。こちらもトイレを使用する際に十分に気を付けることで防ぐことが可能です。気を付けていてもトイレ詰まりを起こしてしまった場合は、ラバーカップを使用することで直る場合があります。しかし、それでも直らなかったり配管内に異物を詰まらせてしまった場合は、無理をせず業者にトイレ詰まり修理を依頼するのがおすすめです。

トイレ詰まりが発生したら、深刻な状況になります。可能な限り早めに専門の業者に依頼して直してもらいましょう。