バスのレンタルだけでは足りない!?運転手の派遣

バスには運転手も必要

企業で社員が旅行などで団体移動をする場合には、貸切バスを利用することが多いです。そのような場合には、バスを所有している企業が少なく、レンタカーでバスを利用するケースも多々あります。しかしバスを借りてもそれを運転できる人を抱えている企業は少なく、多くの場合には運転手をバスのレンタルと同様に派遣してもらうことになります。多くの場合にはレンタカー会社においてバスの運転手などを登録している場合が多くその中から派遣してもらいます。

スポーツクラブのバスの運行

そのような通常は運転することがないようなものをレンタカーとして保有している会社では、その運転手も確保していることが多いです。そのためバスに関しても、特殊な免許が必要なため、そのような免許を持っている人が一般企業に在籍しているケースが少ないために運転手も派遣要因として確保しています。最近ではスポーツクラブでも、多くの利用者を確保する観点から、スポーツクラブ専用の循環バスを運行させているところが多くあります。

経費削減の観点からバスと運転手

その場合には多くのバスと運転手が必要になります。レンタルするメリットとしては、バスについては所有しているわけではないので車検などの出費を抑えることができます。そのような保有費用を削減できるメリットがあります。また運転手も派遣で確保することで、社会保険などの手続きをはじめとして保険負担を避けることができ、これは人件費の削減にあたります。そのような観点からレンタカー会社ではバスなどの特殊車両において運転手も同時にレンタルできる環境になっています。

運転手の派遣を申し込みたいならば、希望の条件を明確にしましょう。日程はもちろん、移動距離を明らかにすることも重要です。